Tel:03-6734-1058

農泊セミナー事務局(株式会社パソナ内)
(受付時間/平日9:00~17:30)

農山漁村への滞在型旅行農泊」
今後推進していきたいと考えている団体や個人と、
農泊」先進的な取り組みを行っている
農泊セミナーの受入団体を募集します。

農泊セミナー受入団体一覧
(採択)

各受入団体で主に学べる内容は、下記「セミナーの特長アイコン」をご参照ください

  • 農泊施設運営

    ■農林漁家民宿の免許取得と運営ノウハウ

    ■古民家等のリノベーションを主とする宿泊施設構築と運営手法

  • 商品開発

    ■地域資源の発掘・開発

    ■お客様視点をもった商品造成

  • 地域連携・マネジメント

    ■農泊受入施設をはじめとする地域住民との連携

    ■DMOや観光協会、その他地域団体との連携

    ■農泊中間支援組織の運営マネジメント

  • 情報発信(販売)

    ■旅行会社等への販売促進

    ■WEBサイトを活用した情報発信・集客

農泊セミナー受入団体一覧(採択)

  • 青森をフィールドとした実践型農泊地域開発プログラム!

    特定非営利活動法人プラットフォームあおもり
    【青森県/南部町、青森市、田舎館村】

    商品開発

    地域連携・マネジメント

    情報発信(販売)

    青森県内でも先進的に農泊に取り組んでいる南部町「なんぶの達者村」で農泊の運営手法やノウハウを吸収いただきながら、田舎館村の田んぼアートを活かした農泊モデルの構築・商品化などに実践的に携わっていくプログラムです。これから始まる事業モデルを構築し、実際に稼働させる経験を得ることができます。育成事業に携わっているため、体験プログラムを中心とする多くの経験を積む事が可能です。

  • 国内外の多様な受入ノウハウを実践研修

    認定NPO法人 遠野 山・里・暮らしネットワーク【岩手県/遠野市】

    商品開発

    地域連携・マネジメント

    地方の活性化には、その土地に息づく住民の気持ちに寄り添い、引っ張っていく、各種コーディネーションを行える中間支援組織の存在が今後さらに重要になってくると感じています。当法人が設立来10数年蓄積したノウハウを提供し、農泊ビジネスの発展に向けて一緒に推進していける受講者の方をお待ちしています。

  • 体験プログラムのスペシャリストになろう!

    株式会社美ら地球【岐阜県/飛騨市】

    商品開発

    地域連携・マネジメント

    情報発信(販売)

    世界中より日本の田舎を求める旅行者への1ストップソリューション「SATOYAMA EXPERIENCE」を運営し、2011年より連続してトリップアドバイザーより優良施設認定をはじめ、国からも受賞をうけている団体です。エコツーリズム、インバウンドツーリズムの分野で多数の研修カリキュラムを持ち、既に他地域の人財育成事業に携わっているため、体験プログラムを中心とする多くの経験を積む事が可能です。

  • 奥能登の里山ミュージアム「春蘭の里」での農家民宿・田舎体験開発プログラム

    一般社団法人春蘭の里【石川県/鳳珠郡】

    農泊施設運営

    商品開発

    地域連携・マネジメント

    能登半島の山あいに広がる豊かな里山にある「春蘭の里」。約20年前から、過疎化が進んだ地域にて、若者が戻ってこれるような仕事創出・所得向上を目的とし、日本の原風景が残る里山で、暮らしや文化、自然の豊かさを活かした農家民宿や体験商品開発などに取り組んできました。今では年間約1万に程が訪れるまでになりました。長年取り組んできた経験・ノウハウを、受講者の農泊推進の為にお役立ちできればと考えております。

  • 日本におけるグリーンツーリズム発祥の地で、安心院方式農村民泊を学びにきませんか?

    NPO法人安心院町グリーンツーリズム研究会【大分県/宇佐市】

    農泊施設運営

    地域連携・マネジメント

    安心院は、日本におけるグリーンツーリズム発祥の地として、これまで教育旅行や個人旅行、外国人旅行者の受入を実施してきました。長年にわたる研究会のノウハウをこれから農泊を推進する方々の農泊組織運営の為の役に立てばと思っています。1ヶ月の受入を通じて、ともに学びあえる機会を作れればと考えております。是非、意欲ある全国からの募集者をお待ちしております。

  • 食」を軸とした農泊推進 人材育成プログラム

    食・農・人 総合研究所リュウキンカの郷【熊本県/球磨郡】

    農泊施設運営

    商品開発

    地域連携・マネジメント

    情報発信(販売)

    当団体が実施予定であるグリーンツーリズムモニターツアーや料理教室の運営サポート、九州ムラたびカレッジなど多様なプログラムに関わっていただきながら、当団体の取組み目的である『人材育成』に関するソフト事業の商品開発を行うと共に、当団体が連携する様々な地域資源(農家レストラン等)での実践経験や、地域資源調査や広報物の作成等を通じ、「総合力」を養うカリキュラムとしています。

このページの先頭へ
このページの先頭へ