Tel:03-6734-1058

農泊セミナー事務局(株式会社パソナ内)
(受付時間/平日9:00~17:30)

農山漁村への滞在型旅行農泊」
今後推進していきたいと考えている団体や個人と、
農泊」先進的な取り組みを行っている
農泊セミナーの受入団体を募集します。

農泊セミナー受入団体

  • 特定非営利活動法人プラットフォームあおもり【青森県/南部町、青森市、田舎館村】

    青森をフィールドとした実践型農泊地域開発プログラム!

    特定非営利活動法人プラットフォームあおもり【青森県/南部町、青森市、田舎館村】

    商品開発

    地域連携・マネジメント

    情報発信(販売)

    ●地域資源の発掘・開発

    ●お客様視点をもった商品造成

    ●農泊受入施設をはじめとする地域住民との連携

    ●DMOや観光協会、その他地域団体との連携

    ●農泊中間支援組織の運営マネジメント

    ●WEBサイトを活用した情報発信・集客

    青森県内でも先進的に農泊に取り組んでいる南部町「なんぶの達者村」で農泊の運営手法やノウハウを吸収いただきながら、田舎館村の田んぼアートを活かした農泊モデルの構築・商品化などに実践的に携わっていくプログラムです。これから始まる事業モデルを構築し、実際に稼働させる経験を得ることができます。育成事業に携わっているため、体験プログラムを中心とする多くの経験を積む事が可能です。

  • 特定非営利活動法人プラットフォームあおもり【青森県/南部町、青森市、田舎館村】01
  • 特定非営利活動法人プラットフォームあおもり【青森県/南部町、青森市、田舎館村】02
  • 特定非営利活動法人プラットフォームあおもり【青森県/南部町、青森市、田舎館村】03

受入団体概要

  • ■受入団体所在地

    〒039-3501青森県青森市浅虫蛍谷65番地52

  • ■受入団体の主な取組内容

    当法人は東北経産局の中小企業支援事業や青森県の移住対策事業などを受託運営し、青森県の地域課題解決・人口減少対策・地域づくり等に取り組んでいるNPO法人です。
    その活動のひとつとして、昨年度は国土交通省の地域づくり支援体制整備事業を活用し、「田舎館村地域づくり活動支援協議会」を組成。県内農泊先進地域のなんぶの達者村等と連携し、田舎館村の農泊事業推進に取り組んでいます。

  • ■受入団体のプロフィール

    当法人の農泊事業推進は、2016年度国土交通省地域づくり活動支援体制整備事業を受託し、県内先進地「なんぶの達者村」との連携関係を構築して、田舎館村の任意団体である「田園未来を築く会」や田舎館村が参画する農泊推進協議会「田舎館村地域づくり活動支援協議会」を整備しました。田舎館村では、地域資源である「田んぼアート」を中核にした大学生のインターンシップの受け入れなどを進めており、この事業をきっかけにさらに事業が進展することが期待できます。
    また、なんぶの達者村では、これまでも、収穫体験、農業体験、農家さんとの交流宿泊、イスラムフレンドリーの宿泊、町営市場への出荷し、流通現場を体感するプログラムなどを提供してきました。現在は青森県南は八戸等と連携した受入体制の整備を進めており、個人旅行客やインバウンド受入体制の強化を進めています。

  • ■代表者(プロデューサー)

    理事長 米田 大吉(ヨネタ ダイキチ)

    理事長 米田 大吉(ヨネタ ダイキチ)

    プロフィール】

    1989年3月 慶応義塾大学商学部 卒業。
    ジョブカフェ「企業と若者のネットワーク構築チーフコーディネーター」、 厚労省委託事業「青森県地域共同就職支援センターコーディネーター」などを経て、2011年3月特定非営利活動法人プラットフォームあおもりを設立し、理事長に就任。
    国や県・市町村の事業を活用し、県内中小企業の新商品開発・販路開拓・人材育成・雇用支援等や、大学生のキャリア教育、移住者支援事業、婚活支援事業などを展開。

    現職】

    ・経産省地域人材バンク事業チーフプロデューサー

    ・青森県あおもり出会いサポートセンターセンター長

    ・青森県移住コンシェルジュ事業責任者

    ・八戸圏域移住コーディネーター業務責任者

    ・国立大学法人弘前大学 人文学部非常勤講師

    ・青森市 あおもり産品販売促進アドバイザー

    ・国立大学法人 弘前大学COC協議会委員  他

  • ■受入担当者
    (コーディネーター)

    ・長南 千乃(チョウナン チノ/プラットフォームあおもり所属)

    ・根市 大樹(ネイチ ヒロキ/なんぶの達者村所属)

  • ■セミナー実施にあたっての
    人員体制

    ・事業責任者:米田大吉

    ・主担当(スーパーバイザー):長南千乃・根市大樹

    ・地域内連携:小野(田舎館村地域づくり協議会所属)

    ・商品開発:櫻井(プラットフォームあおもり所属)

    ・人材確保:高木(プラットフォームあおもり所属)

受講者へのメッセージ

地域の魅力を発掘し、ビジネス化する意欲がある方にぜひお越し頂けるとうれしいです。コトの本質を見極め、これから始まる農泊推進の事業モデルを一緒に構築していきましょう。

農泊セミナー
人材育成カリキュラム

  • ■人材育成カリキュラム

    ①農泊推進戦略概論・実践:先進事例を南部町等で学ぶカリキュラム(18日間)

    ・フィールドワーク中心(根市・長南のアテンド)

    ・宿泊施設(民泊等)開発、体験コンテンツ開発・強化、インバウンド受入体制整備、プロモーション等、地域連携強化など

    ②人材確保・育成概論:当法人理事によるカリキュラム(2日間)

    ・事業コンセプトに沿った人材の採用と育成方法

    ③商品開発(農泊モデル創出)実践:田舎館村にて学ぶカリキュラム(10日間)

    ・地元の団体と課題の整理・強みの抽出・企画案の作成、プレゼンとブラッシュアップ

    ・住んでいる人が強みを理解する支援と、活かすための取り組み

  • ■実施スケジュール

    ・1日目〜18日目:農泊推進戦略概論・実践

    ・19日目〜20日目:人材確保・育成概論

    ・21日目〜30日目: 商品開発(農泊モデル創出)実践

    ※2017年11月中旬から2018年1月下旬までの30日程度で設定(年末年始は中断する)

  • ■得られるスキル・経験

    ・地域の課題を整理し、魅力を抽出してコンテンツを創出する経験

    ・宿泊施設(民泊等)開発、体験コンテンツ開発・強化、インバウンド受入体制整備、プロモーション、地域連携強化、農泊推進に資する人材育成ノウハウ等

    ・広域で連携するために必要なネットワーク構築ノウハウの取得

受入条件

  • ■受入期間

    11月中旬〜1月末(30日間程度)

  • ■滞在先(予定)

    お試しハウス(南部町)、青森市内のホテル、農家民泊(田舎館村)

  • ■日常の交通手段

    コーディネーターなどの車(冬期間で危険なため)

    ※プライベートで車の運転をしたい場合、必要に応じてレンタカー業者などを紹介

  • ■必要な資格等

    特になし

  • ■その他

    セミナー受入団体の所在する地域に滞在するための経費は事務局にて助成します。
    詳細は【平成29年度農泊セミナー事業 受講者公募要領】をご参照ください。

このページの先頭へ
このページの先頭へ