Tel:03-6734-1058

農泊セミナー事務局(株式会社パソナ内)
(受付時間/平日9:00~17:30)

農山漁村への滞在型旅行農泊」
今後推進していきたいと考えている団体や個人と、
農泊」先進的な取り組みを行っている
農泊セミナーの受入団体を募集します。

農泊セミナー受入団体

  • 株式会社美ら地球【岐阜県/飛騨市】

    体験プログラムのスペシャリストになろう!

    株式会社美ら地球【岐阜県/飛騨市】

    商品開発

    地域連携・マネジメント

    情報発信(販売)

    ●お客様視点をもった商品造成

    ●農泊受入施設をはじめとする地域住民との連携

    ●旅行会社等への販売促進

    ●WEBサイトを活用した情報発信・集客

    世界中より日本の田舎を求める旅行者への1ストップソリューション「SATOYAMA EXPERIENCE」を運営し、2011年より連続してトリップアドバイザーより優良施設認定をはじめ、国からも受賞をうけている団体です。エコツーリズム、インバウンドツーリズムの分野で多数の研修カリキュラムを持ち、既に他地域の人財育成事業に携わっているため、体験プログラムを中心とする多くの経験を積む事が可能です。

  • 株式会社美ら地球【岐阜県/飛騨市】01
  • 株式会社美ら地球【岐阜県/飛騨市】02
  • 株式会社美ら地球【岐阜県/飛騨市】03

受入団体概要

  • ■受入団体所在地

    〒509-4235岐阜県飛騨市古川町弐之町8-8

  • ■受入団体の主な取組内容

    世界中より日本の田舎を求める旅行者への1ストップソリューション「SATOYAMA EXPERIENCE」を運営、3棟古民家の一棟貸施設の運営、サイクリングツアーなどを含んだ毎日受付可能のアクティビティ(5つ程度)、やオーダーメイド型のガイドツアーなどの運営、宿泊や交通を含んだ旅行商品の企画・販売という3種のビジネスを内包する。

  • ■受入団体のプロフィール

    2011年より連続してトリップアドバイザーより優良施設認定を受け、環境大臣賞(「五感で感じるまち大賞」、平成23年)、グッドデザイン賞(平成25年)、エコツーリズム大賞優秀賞(平成26年)など顧客や業界団体より多方面からの評価を受け、地方部を代表するリーディングカンパニーとなりつつある。

  • ■代表者(プロデューサー)

    代表取締役 山田 拓(ヤマダ タク)

    代表取締役 山田 拓(ヤマダ タク)

    プロフィール】

    ・株式会社美ら地球CEO

    ・総務省地域力創造アドバイザー

    ・内閣官房クールジャパン・アンバサダー

    ・国際グリーンツーリズムアドバイザー

  • ■受入担当者
    (コーディネーター)

    ・岡野 麻里(オカノ マリ)

  • ■セミナー実施にあたっての
    人員体制

    ・統括責任者:山田拓

    ・オペレーション・マネジャー:山田慈芳
    (事業全体のPDCAを実践するマネジメント分野の指導を担当)

    ・マーケティング・マネジャー:岡野麻里
    (商品の市場投入に関するマーケティング分野の指導を担当)

    ・アクティビティ・マネジャー:松尾和久
    (事業全体のPDCAを実践するマネジメント分野の指導を担当)

受講者へのメッセージ

ゴールへの近道は、諦めずにキチンとやり続けるコト!

農泊セミナー
人材育成カリキュラム

  • ■人材育成カリキュラム

    地方部×農泊分野で当社が8年間蓄積したノウハウを最大限に習得することを目指すカリキュラムです。
    現場OJTと体系化された手法論を習得する座学の2本柱に加え、帰任後のアクションの明確化にも対峙し、習得を実践に活かす為のカリキュラムです。

    【カリキュラム内容】

    ①SATOYAMA EXPERIENCEでのOJT

    ・ガイドツアー運営

    ・宿泊施設運営(時期によってはクローズしている可能性あり)

    ・ツアーデスク運営

    ②農泊運営に必要な座学研修

    ・農泊商品(滞在施設構築や体験プログラム)の企画

    ・農泊商品のPRプロモーション

    ・農泊事業のPDCA等より、受講生の要望やスキルレベルに併せて選択・実施

    ③帰任後のアクション・プランの策定

    ・自フィールドの現状や課題を整理し、研修内容を踏まえ、帰任後に実施すべき内容についてカウンセリングとプラングを実施

  • ■実施スケジュール

    ・1〜8日目:OJT-1- ※上記OJTメニューより1つ選択

    ・9〜15日目:OJT-2- ※上記OJTメニューより1つ選択

    ・16〜24日目:座学研修 ※上記より2つ選択

    ・25〜30日目:帰任後プランニング

  • ■得られるスキル・経験

    外国人個人旅行者が毎日訪れるSATOYAMA EXPERIENCEの現場にて、フロントにて直接ゲストサービスの一部となり肌感覚とともに、オペレーションを感じ、習得すると同時に、それらを遂行する裏側(マーケティング、マネジメント、スタッフ育成など)の各種手法についての習得も目指します。

受入条件

  • ■受入期間

    11月中旬〜2月中旬

  • ■滞在先

    シェアハウス、ゲストハウス等の滞在拠点を弊社より紹介します。

  • ■交通手段

    ・日々の通勤は徒歩・自転車、バス等にて通う事が可能です。

    ・セミナー中の移動については、受入団体の車等を利用して移動します。

    ・自家用車やレンタカーでお越しいただき、活動いただく事も可能です。

  • ■その他

    セミナー受入団体の所在する地域に滞在するための経費は事務局にて助成します。
    詳細は【平成29年度農泊セミナー事業 受講者公募要領】をご参照ください。

このページの先頭へ
このページの先頭へ