山漁村への
滞在型旅行の推進役
農泊地域づ
ーターを募集

農山漁村への滞在型旅行農泊」今後推進していきたいと考えている団体や個人と、
農泊」先進的な取り組みを行っている農泊セミナーの受入団体を募集します。

農山漁村への滞在型旅行農泊」今後推進していきたいと考えている団体や個人と、農泊」先進的な取り組みを行っている農泊セミナーの受入団体を募集します。

農山漁村滞在型旅行農泊」

平成28年3月に発表された「明日の日本を支える観光ビジョン」において、旺盛な訪日外国人観光客の増加を背景に、
日本ならではの伝統的な生活体験や農山漁村地域の人々との交流を楽しむ農山漁村滞在型旅行を「農泊」とし、その推進を図ることが示されました。
このグリーン・ツーリズムは、地域経済の活性化はもとより「農泊」を中心に、都市と農山漁村それぞれに住む人々がお互いの地域の魅力を分かち合い、
「人・もの・情報」が双方向で行き交う新たなライフスタイルの実現を目指しています。

農泊セミナー事業の目的と概要

「農泊」を地域の核となる観光事業として推進していきたい地域協議会および法人の方を対象に、
先進地域である受入団体へ約1ヵ月実践的な業務に関わり、
地域が目指すべき農泊の運営手法や観光素材の商品化等のノウハウを実践的な経験を通じて学んでもらうセミナーを実施します。
本業務を通じて、受講者と受入先団体の双方に学びの機会を醸成し、農泊ビジネス全体の基礎知識向上と農泊コーディネーター育成を目指します。

農泊セミナー事業受入団体
受講者コーディネーター)公募概要

株式会社パソナは、平成29年度農泊セミナー事業の事務局として、セミナー受入先団体とセミナー受講者を以下の要領で募集します。

公募申請方法

  • Step 1

    公募申請資格の確認

    下記の農泊セミナー受入団体、農泊セミナー受講者の各々の【公募申請に必要な資格と書類】より所定の書類をダウンロード頂き、公募申請資格をご確認ください。

  • Step 2

    申請書類を郵送

    申請書類の各項目にご入力の上、プリントしていただき、必要箇所に押印し、公募期間内に郵送にてご提出ください。
    (農泊セミナー受入団体への公募申請期間と、農泊セミナー受講者への公募申請期間が異なりますのでご注意ください)

    郵送先

    〒100-8228
     東京都千代田区大手町2-6-2
    農泊セミナー事務局(株式会社パソナ内)
    担当:星野・小柳

  • Step 3

    申請書類電子ファイル)e-mail送信

    Step2でご提出頂いた申請書類の電子ファイルを、公募期間内に下記【公募申請のご提出はこちら】からe-mailに添付して送信してください。
    なお、Step2での郵送と、Step3での電子メールの2つの申請手続きが必要になります。
    (Step2同様、農泊セミナー受入団体への公募申請期間と、農泊セミナー受講者への公募申請期間が異なりますのでご注意ください)

    送信先

    e-mail:nouhaku@pasona.co.jp
    農泊セミナー事務局(株式会社パソナ内)
    担当:星野・小柳

    e-mailに必要申請書類を添付の上、ご提出ください。

  • Step 4

    申請確認のご連絡

    後日、農泊セミナー事務局より、申請確認のご連絡を入れさせて頂きます。
    公募期間内に郵送、電子メールのご送付をしたにも関わらず、事務局より連絡が無い場合は、ご提出先、方法に手違いがあった可能性もございますので、下記【お問い合わせ】より事務局へご連絡ください。

お問い合わせ先

Tel:03-6734-1058
(受付時間 / 平日9:00〜17:30)

農泊セミナー事務局(株式会社パソナ内) 担当:星野・小柳

Tel:03-6734-1058
受付時間 / 平日9:00〜17:30

農泊セミナー事務局(株式会社パソナ内)
担当:星野・小柳

このページの先頭へ
このページの先頭へ